内側に傾く靴。親指の痛いタコの原因

 

 

View this post on Instagram

 

Takako Kawabataさん(@kawabatatakako)がシェアした投稿

◆内側に傾く靴。親指の痛いタコの原因◆

 

『親指に痛いタコがあります』

『タコを削っても、また出来ます』

『歩くのがつらいです』byお客様。

 

タコができるのは、重心を掛け過ぎているサインです。
重心を掛け過ぎる歩き方を変えない限り、
削ってもタコはできます。

 

ご愛用の靴拝見。

内側に傾いています。

 

想像できるのが、

 

【股関節のズレがあり、
内側に重心を掛ける歩き方がクセになっている】

 

【構造が柔らかすぎる靴】

 

改善策として、
●股関節の調整

●歩き方を改善

●構造が良い靴を使用

です。

 

関連記事

  1. 底が固い靴。脚やせを阻む

  2. 底が固い靴 → 足裏が使いにくい → ふくらはぎムクミやすい…

  3. 足元グラグラスニーカーは脚やせしにくい

  4. 大きすぎる靴。ししゃも脚の原因

  5. スニーカーが全て脚に良い訳ではない

  6. 太いふくらはぎにお悩みのお客様の靴