脚やせに向かうスニーカーの履き方

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

脚やせエステ二十三夜/根本的な脚やせ/東京(@kawabatatakako)がシェアした投稿

 

◆脚やせに向かうスニーカーの履き方◆

 

 

 

スニーカーを履くとき。

紐を結んだまま、
スポッと足を入れる方もいらっしゃるのでは?

 

 

 

履くときは楽ちんですが、
その履き方は脚やせの見地からいえばNGです。

 

 

 

それで歩くと、
靴と足との一体感がなく、

 

 

 

【靴の中で足が揺れる&ズレる感覚】が
あるはずです。

 

 

 

微妙に足元が不安定になり、
脚やせウォーキングが成立しません。

 

 

 

理想的な履き方は、

(1)足の甲の部分の紐をしっかりフィットさせます。
紐の下に指が入らない程度。

 

きつ過ぎず。ゆる過ぎずの感覚がナイスです。

 

 

 

(2)かかとトントン
靴のかかと部に足のかかとをフィットさせると、

爪先に数ミリのスペースが出来ます。

 

 

足指が動けるためのスペースです。

 

 

指をしっかり使うのが脚やせウォーキングなので、
このスペースが大事!

 

 

 

(3)紐をしっかり結びます。

 

 

 

以上をして、歩いてみてください。

 

 

 

【靴と足の一体感】があれば、きちんと履けています。

 

 

 

片方の靴はきちんと履き、
片方はゆるいまま履き、

歩いてみてください。

 

 

断然【きちんと履いている方】が歩きやすいです。

 

 

 

【歩く時、靴と足の一体感がある】

それは脚やせの基本です!

 

 

 

関連記事

  1. 脚やせしにくい靴

  2. 底が固い靴。脚やせを阻む

  3. スニーカー。ヒモをしっかり結ぶ、結ばないときの違い

  4. ペタペタ歩きになりやすい靴。脚を太くさせやすい

  5. 太いふくらはぎに悩むお客様の靴

  6. 内側に傾く靴。親指の痛いタコの原因