外で飼われている豆大福のような猫

かわいい猫「カブト」。
豆大福のような柄をしています。

カブトは外で飼われている猫です。
正直申し上げて外に猫を出すのは昔の飼い方です。

猫を外に出すことで多くの危険があります。
他の猫とケンカをして怪我をしたり、
交通事故にあったりなど。

カブトとライバルだった我が猫「じんぼ」は今は家猫になっております。
家に入ってから外から聞こえる猫のケンカの鳴き声がほとんどなくなり私の心は平和です。

 


【脚やせの鍵】
1:歩き方
2:靴
3:股関節
4:立ち方
5:食事
6:メンテナンス

この6点が揃っていないと脚やせは実現しにくいです。
脚やせに携わり14年の経験からの実感。

「努力しているのに脚やせしない」という方は
6点のうち何かが足りないはずです。

—————-
二十三夜の【フットカウンセリング+脚やせ体験】は
なぜ努力しているのに脚は太い?その理由が分かります。
■歩き方
■靴
■メンテナンス法
などあなた様の間違った脚の習慣をあぶり出します。

間違った習慣を変えないと・・・
■いくら脚やせマッサージをしても。
■脂肪吸引をしても。

太い脚に戻りやすく、今までの努力が無かったことに~。

間違った脚の習慣を知り、脚やせを叶えましょう。
フットカウンセリング&脚やせ体験

関連記事

  1. 我が猫外猫時代。私の帰りを待つように

  2. 我が猫外時代。お腹を見せるように

  3. 警戒心が強かった外猫時代

  4. 【猫と暮らしたい】と思ったら、保護猫を家族に!

  5. 我が猫外時代。早朝から来るように

  6. 我が猫外猫時代。手から食べるように